FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セニョリータ はやめられない

 世の中には魔法の言葉がある・・・と思う。

 最近お疲れぎみの私だが、そんな私をいつでも癒してくれる魔法の言葉・・・

「セニョリータ

 昔、インドで働いてた時まだお肌もぴちぴち20代だった私は、インド人に

「マム(マダム)」 
 
と初めて呼ばれた時、ぶち切れてしまった。

 インド人的には、ケツの青い若造の私に敬意を表して「マム」と呼んでくれたのだが・・・・なんだかとってもしっくりこない。

 「マダム」・・・・・なんだか、白髪を淡い紫に染め上げて、両手にきらきら光るルビーやエメラルドの指輪・・・・ひざの上には狆が鎮座していそうな響きではないか・・・・・

 その後も、ホテルでもレストランでもちょっと高級なとこに行くといつも「マム」と呼ばれたが、いつまでたっても、なんだかしっくりこなかったのを覚えてる。

 しかし!ここでは、私はセニョリータ!!!!

 小麦色に日焼けした肌に、吸い込まれそうな大きな瞳。ダイナマイトボディが眩しい・・・・ラテンの宝石

 呼ばれただけで自分が、なんだか飛びきりなイケ女子になった気がする(大きな勘違いだが・・・)

 しかし、知り合いのペルー在住十年以上、いまや庶民の足のコンビ(乗り合いバス)を、「アキ ノ  マス(ちょっとその辺)」といいつつ30分以上も乗り続け、料金をごまかす肝っ玉かあちゃん曰く、

 「結婚指輪をはめてないのに、いつの日からか、誰もセニョリータと呼ばなくなった・・・・」

とのこと。

我が社の誇るペルー版「負け犬四十路トリオ」は、前述の女性とほとんど歳は変わらないけど、一緒に出かけるといつも「セニョリータ」って呼ばれているぞ・・・・

うーん・・・・・

いつまでセニョリータで通用するのか・・・・私の「女」をかけた戦いは始まったばかりなのであった・・・

VIVAペルー!!!!VIVAセニョリータ!!!!!! 
スポンサーサイト

Extra

プロフィール

セニョリ-タ

Author:セニョリ-タ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。