Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C84] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2011-03-24
  • 投稿者 :
  • 編集

[C75] こんにちは

いや~、通訳業務を理解していないお爺ちゃんですか!
大変だったねえ、そしてご苦労様。
外国語の1個くらいは喋れたら素敵なんだろうけど、今更という気がしてね(笑)
しかも三日坊主のあたしだし・・・へへへ。
  • 2010-12-17
  • 投稿者 : かぶとも
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://vivaperu.blog52.fc2.com/tb.php/56-5d9819a6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

通訳業・古今東西

昔、なんちゃって通訳をしたことがあるが、通訳というのはつくづく大変な仕事だと思う。
だって、「日本では中国語が公用語ですか?」とかいうアホな質問であっても、「日本語に決まってるだろ!ぼけ!」と、叫びたい気持ちを抑え淡々と通訳。
さらに「あ、なに言てるのか意味が分かりません」なんて、コトも許されない。まさに滅私奉公と集中力が求められる・・・大変なお仕事である。と、つい最近まで思っていた・・・・。

先日、技術者の出張者がやってきた。
しかし!地球の裏側ペルーで日本語⇔西語の通訳を探すのは至難の業である。ペルーの日系人はほとんど日本語できないし、日本への出稼ぎ経験者やら日本のマグロ漁船経験者のペルー人はたくさんいるけど、彼らに仕事の通訳は望むべくもない。

なんとかかんとか、職業通訳の某日系人おじいちゃんを探し出した。御年七十数歳!サイドビジネスは『マカ』の生産・販売!元気溌剌の愛想のよいおじいちゃまである。

そして、いざ現場に到着!したところ・・・・
「この原料は国内で調達できるんですか?」という出張者の質問に、
「輸入です!」と、彼が即答。

・・・・・・・・・・(沈黙)。←出張者

「す、すいません。通訳してもらえますか?」
と、慌てて私がお願いすると。

「え?この材料はペルーにはないですよ。私もこの業界に昔関係していたことがあって・・・・(中略)・・・・これは絶対輸入です!聞く必要ありません!!」
と、延々トークで断言。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(超沈黙)←出張者

そのトークしてる間に訳してくれよ、という怒りを抑えつつ、
「そうかもしれませんが・・・・。でも、今のは工場長への質問ですから。質問は淡々と通訳していください
という私の懇願に対して、

「絶対輸入ですよ~
と、まだぐずぐず言いながら、「これ輸入だよね?」(←「国内で調達できるんですか」と聞かないところが頑固者!)と渋々通訳してくださった。

「輸入です
という工場長の回答に、

「言ったとおりじゃないですか!やっぱり輸入です!私に任せてください!!!」
と、満面の笑みで勝ち誇ってあらしゃった。

私に任せってって・・・・。いきなり『ジャブ』を見舞われてしまった・・・油断できない通訳さんである。

その後、時にはご自身の意見を織り交ぜながら通訳をすすめてらっしゃったが、工場長の話がどんどん込み入った技術的になってきた頃、おじいちゃん通訳が繰り出した次なる『右フック』は、

「へーそうなんですか。すごいですねー。
じゃ、セニョリータ、お願いします。」
と、私に目線を投げかけ、工場長の説明に納得されたのであった。

・・・・・・・・・・・・・・(なが~い沈黙)

おいっつ!君が説明に納得してどうする!これじゃただの「工場長とおじいちゃん通訳の会話」じゃないか!肝心の出張者は全く蚊帳の外だろ。しかも、「セニョリータお願いします」って、一体私は何をお願いされてしまったのでしょうか・・・・。

要するに、おじいちゃん通訳、難しすぎて工場長の話がよく分からなかったのである。なんだそれ。しかも、私に通訳をムチャ振りするなんて・・・なんてなんて、だ、だいた~ん、大胆!な切り抜け方である。

最後に、先方が出してきた資料の一部の日本語仮訳をおじいちゃん通訳にお願いしホテルの部屋に撤退。シャワーを浴びて長~い1日を終えようとした私の部屋のドアの隙間からもぞもぞと、差し込まれる封筒・・・・。そしてそこには・・・・

『TOTITOUKI SYORUI WA GUENZAI ・・・・・』

手書きのローマ字(しかもスペイン語使い)がびっしり詰まった紙が・・・・詰まっていたのであった。ううっつ。戦中生まれの彼は・・・日本語の読み書きが出来ない上に・・・・パソコンも使えないことが判明した悲劇の瞬間であった・・・・

ちーん。

彼の繰り出した最後の『アッパー』に完全ダウンしつつも、夜中にパソコンに向かってカチカチ原稿おこしに励む戦後生まれの私であった。

翌朝、疲れきった顔色の私を見て

「セニュリータ。今度私の作ってるマカ飲んでみてくださいよー。効きますよー。昼も夜も。ひゃひゃひゃひゃ~
と、朝から元気いっぱい笑顔の下ネタトークおじいちゃん通訳に、延髄蹴りを見舞わない私は大人になったもんだ・・・。人間、亀の甲より年の功である・・・参りましたおじいちゃま

VIVA! 通訳!! VIVA!!ペルー!!!
スポンサーサイト

2件のコメント

[C84] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2011-03-24
  • 投稿者 :
  • 編集

[C75] こんにちは

いや~、通訳業務を理解していないお爺ちゃんですか!
大変だったねえ、そしてご苦労様。
外国語の1個くらいは喋れたら素敵なんだろうけど、今更という気がしてね(笑)
しかも三日坊主のあたしだし・・・へへへ。
  • 2010-12-17
  • 投稿者 : かぶとも
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://vivaperu.blog52.fc2.com/tb.php/56-5d9819a6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

セニョリ-タ

Author:セニョリ-タ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。